PR
PR

BPO「放送倫理違反あった」 日テレのアイヌ民族差別表現

[PR]

 日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族への差別表現があった問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は21日、番組は「明らかな差別表現を含んだもので、放送倫理違反があった」とする意見書を発表した。

 問題があったのは3月12日の放送。アイヌ民族を描いたドキュメンタリー作品を紹介する際、お笑い芸人が披露した謎かけの中に、アイヌ民族を差別する言い回しがあった。検証委は4月9日、放送倫理違反の疑いがあるとして審議入りを決め、関係者10人からヒアリング。制作過程などを検証した。

残り:253文字/全文:504文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る