PR
PR

40代女性が150万円詐欺被害 札幌

[PR]

 札幌市白石区の40代女性が、架空の融資話で現金約150万円をだまし取られたことが21日、分かった。札幌白石署は融資保証金詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、8日から20日にかけ、女性の携帯電話に「融資する」とメールがあり、融資を受けると返信したところ、融資会社の社員を名乗る男から「900万円を融資する。担保金が必要」と電話があった。女性は現金自動預払機(ATM)から、指定された口座に現金を振り込んだという。

 

残り:33文字/全文:243文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る