PR
PR

レバンガ 新HCに元日本代表佐古氏

 バスケットボールBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は19日、新ヘッドコーチ(HC)に、元男子日本代表の佐古賢一氏(51)が就任したと発表した。

 横浜市出身の佐古氏は中大在学中に日本代表入り。司令塔として31年ぶりとなる1998年世界選手権出場権獲得などに貢献し、「ミスターバスケットボール」と称された。現役引退後はナショナルリーグ(NBL)、Bリーグ2部の広島を指揮。その後、男子日本代表アシスタントコーチと、年代別日本代表HCを兼務していた。

 レバンガの折茂武彦代表にとって佐古氏は、代表で一緒にプレーし、長年日本バスケ界を支えてきた同い年の盟友。「ともに日本一を目指せるのは佐古氏以外考えられない」と自身が直接交渉に当たったという。

 レバンガは2020~21年シーズン、4季連続となる東地区最下位でシーズンを終えた。佐古氏はチームを通じて「(就任の)決め手は折茂代表の存在。厳しい成績が続いている中、変わらず応援してくれるブースター(ファン)の皆さんのために、勝利を届けたい」とコメントした。(工藤俊悟)

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る