PR
PR

知内、投手陣の粘り及ばず 夏の高校野球南大会

 夏の高校野球南北海道大会第2日の18日、函館支部代表の知内は第2試合で道栄(室蘭支部)と対戦し、1―4で敗退した。

 知内は三回、9番本庄が二塁打を放ち出塁すると、3番丸田の適時打で1点を先制した。だが四回以降は、好投する道栄のエース小沼に1安打に抑えられ、及ばなかった。敗れはしたものの、知内の投手陣が粘りの投球を見せた。先発したエース本庄は、持ち味の打たせて取る投球がさえた。「低めのコーナーに集められた」。五回途中で降板するまで、計3回を打者3人で抑えた。「負けたが納得のいく投球ができた。今後は2年生投手を支えていきたい」

残り:84文字/全文:349文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る