PR
PR

ANA、旭川―羽田線18年ぶり就航 1日1往復、9月まで

 【東神楽】全日本空輸(ANA)は18日、旭川―羽田線の季節運航(7~9月)を始めた。ANAの同区間就航は18年ぶり。

 航空券の販売などを担う「ANAあきんど」によると、コロナ禍の国際線減少で機材が余り、需要が見込まれる国内線を拡充。道内の増便は旭川―羽田のみ。1日1往復で既存のエア・ドゥとの共同運航便を合わせると1日4往復になる。

残り:243文字/全文:410文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る