PR
PR

「サイクルバス」 宗谷観光で活用を 空気入れ、整備工具など装備 今秋モニターツアー

 【稚内】宗谷シーニックバイウェイルート運営代表者会議はサイクルツーリズム推進に向け、自転車10台を積載できる「サイクルバス」を導入した。当面は団体客の貸し切り用に活用。9、10月には本州からの観光客向けモニターツアーを計画し、体験型観光メニューとしての可能性を探る。

 宗谷バス(稚内市)が、函館バス(函館市)が使用していたサイクルバスを購入し、同会議、稚内観光協会と連携して運行する。

残り:239文字/全文:432文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る