PR
PR

くしろ湿原ノロッコ号 2カ月ぶり運行再開

 【標茶】JR北海道の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が17日、約2カ月ぶりに運行を再開した。4両の車両は満席で、乗客は車窓から夏の釧路湿原の景色を楽しんだ。

 ノロッコ号は土、日曜と祝日に釧路―塘路(釧路管内標茶町)間を走る釧網線の夏季の人気列車。今年も4月末から運行していたが、新型コロナウイルス感染拡大による国の緊急事態宣言を受け5月後半から運休していた。

残り:182文字/全文:364文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る