PR
PR

札幌プリンスホテルなど国内40施設の売却検討 西武HD 運営は継続

[PR]

 西武ホールディングス(HD)が、札幌市中央区の「札幌プリンスホテル」を含む全国約40のホテルやレジャー施設の売却を検討していることが16日、分かった。新型コロナウイルス禍の長期化で鉄道やホテル需要減が続く中、財務体質の改善を図る。売却額は1千億円以上となる見通しだ。

 売却を検討しているホテルはこのほか「ザ・プリンスパークタワー東京」「びわ湖大津プリンスホテル」など。投資ファンドなどと交渉を進めている。ゴルフ場などレジャー施設も売却の対象とする。軽井沢、品川の両プリンスホテルなどは対象から外す方向だ。ホテルの運営は売却後も受託する方針とみられる。

残り:187文字/全文:463文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る