PR
PR

別姓記入の婚姻届、室蘭市不受理 「必要な夫婦がいること知って」

 室蘭市内に住む40代のカップルが16日、夫婦別姓を希望し室蘭市へ別姓を明記した婚姻届を提出した。室蘭市は戸籍法や民法の規定に反するとして受理しなかった。最高裁で夫婦別姓が争われるなど夫婦の姓のあり方に関心が高まる中、2人は「少数者の思いを尊重する社会になって」と訴えた。

 室蘭市によると、これまでにも夫婦別姓での婚姻を求める相談はあったが、実際に婚姻届を申請して不受理となったのは初めて。

残り:332文字/全文:527文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る