PR
PR

横浜の変 首相苦悩 市長選、大混戦に IR推進曲げ 小此木氏応援

 菅義偉首相の地元の横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)が大混戦だ。側近の小此木八郎前国家公安委員長(56)が突如閣僚を辞任し、首相の主張と反するカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)誘致反対を旗印に手を挙げたと思えば、高齢による引退を見込んでいた現職の林文子氏(75)が4選出馬を表明した。他にも著名候補が乱立し、お膝元でも求心力低下は明らかで、選挙結果は次の衆院選に影響しそうだ。

 「私自身は、自民党との関係は変わりません」。林氏は15日の出馬会見で、これまで連携してきた首相や自民との関係を問われ、自民にだけ言及した。

残り:719文字/全文:986文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る