PR
PR

江差追分会の故青坂満さん 功績伝える銅像完成 関係者、除幕式で祝う

 【江差】昨年7月に88歳で亡くなった江差追分会名誉師匠の青坂満さんの功績をたたえる銅像の除幕式が命日の14日、町内の名所かもめ島で開かれ、関係者約30人が完成を祝った。

 銅像は、ねじり鉢巻きと長ばんてん姿の等身大で、台座を含めた高さは約2・5メートル。道文化賞や道功労賞などを受賞した青坂さんの功績を後世に伝えようと、町内外の有志でつくる建立委員会が3月から、制作費として750万円を目標に寄付を募っていた。

残り:217文字/全文:422文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る