PR
PR

王位戦第2局 大盤解説パブリックビューイング、110人が熱視線

 将棋の「お~いお茶杯第62期王位戦」第2局(北海道新聞社主催・伊藤園特別協賛)大盤解説会のパブリックビューイング(PV)が14日、旭川市の旭川北洋ビル(4の9)で開かれた。座席の間隔を空けるなど新型コロナ感染対策に配慮された会場には約110人が来場。スマートフォンで解説の様子を撮影したりしながら、熱心に見入っていた。

 対局は、豊島将之二冠(竜王、叡王)が藤井聡太王位=棋聖=に挑んだ。PVは花月会館で行われる大盤解説会をより多くの人に楽しんでもらおうと企画された。

残り:458文字/全文:692文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る