PR
PR

「更新拒否は意趣返し」 店主が本部提訴へ 苫小牧の「ほっともっと」

[PR]

 弁当店チェーン「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡)から契約にない広告費や販促費を徴収されたとして、苫小牧市の加盟店経営者が同社に返金を求めている訴訟に絡み、同社が店側に対し、9月末に期限を迎える加盟店契約の更新を拒否していることが14日、分かった。店側は「意趣返しが目的の違法な更新拒否」とし、近く地位確認を求める訴訟を新たに札幌地裁に起こす。

 提訴するのは「ほっともっと苫小牧末広店」のオーナー佐瀬幸恵さん(60)。仮処分も同時に申し立てる。

残り:412文字/全文:638文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る