PR
PR

ソラシドと協業組織発足 エアドゥ社長、本年度中に合意案

[PR]

 AIRDO(エア・ドゥ、札幌)は、ソラシドエア(宮崎市)との経営統合に向けた共同事業を検討するプロジェクトを発足させた。草野晋社長が13日、北海道新聞の取材に答えた。営業活動や施設利用などの効率化を進め、増収とコスト削減を図る。具体的な内容を盛り込んだ最終合意案の本年度中の策定を目指す。

 今月1日付で「グループ協業プロジェクト」の事務局を両社内に設置。整備や総務、営業など分野別の14分科会で構成し、両社計100人規模の社員が参加している。

残り:459文字/全文:681文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る