PR
PR

福島町でクマ目撃相次ぐ ハンターや町職員が巡回

 【福島】町内桧倉、千軒両地区の国道で12日夜、クマの目撃が相次ぎ、松前署が警戒を強めている。町内白符では2日にクマに襲われたとみられる女性の遺体が見つかっており、町はハンターや職員による巡回を続けている。

 松前署によると、12日の目撃情報は2件でいずれも親グマとみられる。桧倉では午後7時25分ごろ、クマ1頭が国道上にいるのを車で通行中の女性が目撃し110番した。現場は民家から約3キロ。

残り:301文字/全文:496文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る