PR
PR

函館と名古屋 魅力的なのは? 17日 高校生がプレゼン対決

 【函館】函館と名古屋の高校生が地元自慢のプレゼンで対決する「どっちの地元show(ショー)」が17日午後2時半から、函館コミュニティプラザGスクエア(函館市本町、シエスタハコダテ4階)で開かれる。会場とオンラインによる投票でより魅力的な街を決定する。Gスクエアの岡本啓吾センター長は「地元の良さを改めて思い返すきっかけとして楽しんでほしい」と参加を呼びかける。

 同施設が中高生向けに家や学校とは違う「学びの場」を目指す教育事業「Gスクール」の4回目。今回初めて高校生が講師役となる。イベントでは名古屋の高校生が函館を訪れ、両地域の高校生2人ずつが《1》食《2》人《3》夢の3テーマで地域の魅力を訴え、テーマごとに会場とオンラインで投票を募る。

残り:496文字/全文:818文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る