PR
PR

縄文の文化、くらしを紙芝居で 世界遺産登録控え動画配信 函館

 7月下旬に世界文化遺産に正式登録される見込みの「北海道・北東北の縄文遺跡群」や縄文文化に関する知識を市民に深めてもらおうと、縄文時代の生活様式などを紹介する動画の配信が12日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で始まった。

 ケーブルテレビ局のニューメディア函館センター(NCV)と縄文文化の魅力を発信する函館市の市民団体「縄文DOHNAN(どうなん)プロジェクト」が企画。動画のタイトルは「じょうもんかみしばい」で、2019年に道中小企業家同友会函館支部道南観光研究会が手作りした紙芝居を函館市内の小学4年生2人が読み上げる内容だ。

残り:285文字/全文:550文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る