PR
PR

作品の目力に引き込まれ 江口寿史展 旭川で開幕

 【旭川】漫画家でイラストレーターの江口寿史さん(65)の作品展「江口寿史イラストレーション展 彼女」(北海道新聞社など主催)が10日、旭川市常磐公園の道立旭川美術館で開幕した。女性が描かれた作品を中心に約400点が並んでいる。

立体イラストを鑑賞する来場者(西野正史撮影)
立体イラストを鑑賞する来場者(西野正史撮影)


 展覧会は全国5カ所目。漫画「ストップ!!ひばりくん!」の原画や、CDジャケット、雑誌の表紙などに描かれたさまざまな女性のイラストを展示。女性の姿を拡大した立体イラスト約10体も置かれ、目を引いていた。

 漫画を愛読していたという市内の会社員小野裕昭さんは「描かれた女性に目力があり、引き込まれた」と話した。

 9月5日まで。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。8月9日を除く月曜と8月10日休館。観覧料は一般1200円、高大生700円、中学生400円、小学生以下無料。(望月悠希)

PR
ページの先頭へ戻る