PR
PR

ニンジン 旬をどうぞ 七飯で露地もの収穫

 【七飯】道内有数のニンジン産地である七飯町で、露地ものの収穫がたけなわとなっている。今年は生育期の降雨量が安定していたため、形や大きさも良く、生産者は「今が旬のおいしい食材を味わってほしい」と話している。

 町内藤城の岩崎和彦さん(49)は、3・5ヘクタールの畑で3月半ばに種を植え、6月21日から収穫を始めた。今年は生育期の5月下旬~6月に適度な雨が降ったため、土が固すぎず、染みや異形の少ないきれいなニンジンが育ったという。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:116文字/全文:359文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る