PR
PR

夢の10億円!函館で再び 宝くじ「ロト7」1等当選 昨年の年末ジャンボ以来

 函館で夢の10億円が再び―。北海道商事道南支店は6日、運営する宝くじ売り場「湯川イオンチャンスセンター」(函館市湯川町3)で、2日に抽選された第426回ロト7の1等10億円の当たりくじが出たと発表した。

10億円の当たりくじが出た函館市湯川町の売り場で、当せんをPRするスタッフ
10億円の当たりくじが出た函館市湯川町の売り場で、当せんをPRするスタッフ


 ロト7は数字の1~37から、7個の数字を選ぶくじ。今回はコンピューターが自動で数字を選ぶ「クイックピック」方式での当せんとなった。同支店によると、この売り場で1億円以上の当たりくじが出たのは、2008年に年末ジャンボで2等の1億円が出て以来。売り場には「10億円 当売り場から大当たりが出たよ!」と書かれたポスターが張られ、常連客らが続々とくじを買い求めた。

残り:118文字/全文:400文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る