PR
PR

鹿追ジオパークのガイドへ一歩 初の養成講座始まる

 【鹿追】とかち鹿追ジオパーク推進協議会の「ジオパークガイド養成講座」が、町内瓜幕のジオパークビジターセンターで始まった。専門ガイドを育てる初の講座で、修了生はプロの案内人として鹿追ジオパークを訪れた観光客らに地質の特徴や歴史を教える。

 講座は全7回。来年2月ごろまで救命法やコミュニケーション術、ツアー企画の作り方などを道知事認定の北海道アウトドアガイドらから学ぶ。参加者はサポートガイド22人の中から、専門知識をある程度習得した町内や帯広、音更の40~60代の6人。講座ごとの考査全て合格すると、同推進協からジオパークガイドに認定される。

【関連記事】
「アウトドアガイド」拡充 道、23年度試行目指す
洞爺湖の自然一挙に展示 中島に博物館オープン
「農業をやりたい」新得、鹿追に女性研修生続々

残り:229文字/全文:574文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る