PR
PR

「クマ怖くて墓参りできぬ」住民に募る不安 遺体発見の福島町 専門家調査

 【福島】ヒグマに襲われたとみられる性別不明の遺体が見つかった福島町白符地区で5日、町がクマの専門家を交えて現地調査を行った。町や住民によると、現場周辺では数年前から近くの町営墓地の供物を狙うクマの目撃情報があった。住民は「怖くて、しばらくは墓参りもできない」と不安を募らせており、町はお盆の墓参りの時期を前に、墓の供物は早めに持ち帰るよう呼びかけている。

 「今まではクマと出くわしてけがをした人もいた。だがこんなむごい姿で人が被害に遭うとは、本当に恐ろしい」。白符の自営業小鹿充徳さん(88)は、心配そうに話した。

残り:353文字/全文:611文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る