PR
PR

愛犬と楽しむ大自然 函館七飯 ゴンドラのドッグラン 山頂で散策、カフェ利用も

 【七飯】函館七飯ゴンドラ(町東大沼)が山麓に開設しているドッグランの利用者が口コミで増えている。同ゴンドラ営業担当の佐伯秀信さん(57)は「犬も家族と一緒に大自然を楽しんでもらいたい」と話している。

 ドッグランは2016年に開設。広さ75メートル×30メートルと12メートル×18メートル(小型犬用)の二つで、場内にはベンチや日よけも設置されている。スタッフが草の状態を見ながら4、5日に1回程度草刈りを行い、気持ち良く使える環境を保っている。利用料は1日券が1匹300円で、11月7日まで何度でも利用できる「ペットシーズン券」が1匹3千円。シーズン券は犬の写真付きのパスを作成している。

残り:317文字/全文:612文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る