PR
PR

利尻産ウイスキーへ第1歩 蒸溜所地鎮祭 2024年販売目指す

 【利尻】米国人起業家のケイシー・ウォールさん(42)=東京在住=が宗谷管内利尻町沓形神居に建設するウイスキー蒸留所の地鎮祭が4日、建設予定地で行われた。11月の完成を予定し、12月にも生産を始める。2024年から「神居ウイスキー」のブランド名での販売を計画している。

 蒸留所はウォールさんが代表を務める「カムイウイスキー」が運営し、1800平方メートルの敷地に木造平屋約170平方メートルの工場を建てる。漁業者の小屋をイメージした温かみのある雰囲気の建物にする。当初は20年に着工する予定だったが、新型コロナウイルス禍の影響でずれ込んでいた。

残り:245文字/全文:517文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る