PR
PR

「ゴールデンカムイ」魅力掘り起こせ 3日からウポポイ特別展 白老

 【白老】胆振管内白老町のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の国立アイヌ民族博物館は3日、アイヌ民族の少女らが活躍する野田サトルさん(北広島市出身)作の漫画「ゴールデンカムイ」にちなんだ特別展を始める。

 作品に出てくる民具、関連する原画など約200点を展示。アイヌ民族の少女アシリパの着物のモデルとなった草皮衣(そうひい)や、主人公の杉元佐一が砂金掘りで使ったくわのような道具「カッチャ」、作品の歴史的背景の解説コーナーもある。

※アシリパの「リ」は小さい字

残り:175文字/全文:411文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る