PR
PR

「水質日本一」道内から3河川 国交省選出、後志利別川は2年連続

[PR]

 国土交通省は1日、1級河川を対象とした2020年の水質調査を発表した。「水質が最も良好な河川」と判定されたのは全国18河川で、道内からは後志利別(しりべしとしべつ)川(調査地点・檜山管内)と尻別(しりべつ)川(同・後志管内)、沙流(さる)川(同・日高管内)の3河川が選ばれた。

 3河川の選出は富山県と並んで最多。後志利別川が選ばれたのは2年連続で、尻別川と沙流川は2年ぶり。これらの川は、水の汚れを示す生物化学的酸素要求量(BOD)の年間平均値が1リットル当たり0・5ミリグラムだった。

残り:68文字/全文:312文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る