PR
PR

札幌西武跡ビル 高さ200メートル35階に 計画変更案

 JR札幌駅南口の札幌西武跡地を含む札幌市中央区の北4西3街区再開発で、家電量販店ヨドバシカメラ(東京)などでつくる再開発準備組合は30日、建設を予定する複合ビルの高層棟の高さを約220メートルから約200メートルにするなどの事業計画変更案を明らかにした。

 1日から縦覧が始まる札幌市の環境アセスメント手続きの「環境影響評価準備書」で示した。複合ビルは高層、低層の2棟で構成し鉄骨造り、一部鉄骨鉄筋コンクリート造り。敷地面積約1万1千平方メートル。高層棟は昨年10月時点の事業計画案で高さ約220メートル、地上40階としていたが、約200メートル、地上35階とする。延べ床面積は当初案より約2万平方メートル少ない約21万平方メートル。

【関連記事】
<特集>札幌再開発マップ いま何の工事中?
<特集>札幌集中のリアル
<道内各地の再開発>札幌 道都の街並み 刷新の波

残り:165文字/全文:545文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る