PR
PR

やり投げ北口日本新 66メートル00 北九州カーニバル 陸上

 ■北九州カーニバル(27日・北九州市本城陸上競技場) 最終日は女子やり投げで21歳の北口榛花(日大―旭東高)が66メートル00の日本新記録をマークして優勝した。従来の記録は5月に自身が出した64メートル36で、大幅更新となった。

 男子110メートル障害は日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)が追い風参考の13秒52で制し、10秒34で勝った100メートルと合わせて2冠。男子やり投げは新井涼平(スズキ浜松AC)が79メートル99の大会新記録で優勝し、女子砲丸投げは郡菜々佳(九州共立大)が15メートル68で勝った。

■「メダル狙える」証明

 約1カ月前、6センチ差で決勝進出を逃した世界選手権の悔しさを晴らす会心の投てきだった。北口が5投目に放ったやりは風にも押され、ぐんぐん伸びる。自身が5月に出した日本記録を1メートル64も更新する66メートル00。「出ると思っていなかったのでびっくり。この記録でメダルも夢じゃなくなった」。跳びはねて喜びを爆発させた。

残り:180文字 全文:608文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る