PR
PR

「高校新 目標達成できた」やり投げ 旭東・北口さん 総体、国体、ジュニア選手権3冠

 世界ユース選手権金メダリストで旭川東高3年の北口榛花さん(17)が、愛知県で開かれた第31回日本ジュニア陸上競技選手権大会の女子やり投げで高校新記録で優勝し、高校総体と国体と合わせて3冠を手にした。高校生としての主な大会を終え、「高校記録という最大の目標を達成できた。次はリオデジャネイロ五輪出場」と新たなステージを見据えている。(工藤俊悟)

■来春大学進学「次はリオ五輪」

 16日のジュニア選手権の女子やり投げには大学生を含む27人が出場。「今回は記録を意識せず、楽しんで投げよう」と大会に臨んだ。最後の投てき前には会場に手拍子を求め、高校記録の58メートル90を出して有終の美を飾った。松橋昌巳監督(60)は「すごいとしか言いようがない。狙った時に自分の力が出せている」と驚きを隠さなかった。

残り:336文字 全文:684文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る