PR
PR

ニセコエクスプレス保存車両公開 7月2日 ニセコ駅隣 鉄道のマチ発信へ

 【ニセコ】かつてニセコと札幌をつないだリゾート列車「ニセコエクスプレス」の保存車両の一般公開が7月2日、JRニセコ駅隣で始まる。周辺には蒸気機関車(SL)などの鉄道遺産が集まっており、町は「遺産群」として鉄道とともに発展した歴史の発信拠点としたい考えだ。

 ニセコエクスプレスの公開は9月末までの金、土、日曜に実施。午前10時~午後4時ごろの間に車庫の扉が開放され、「Niseko」の文字が刻まれた車両の先頭部分を見学できる。車庫側面には町と鉄道の関わりなどを解説するパネルも新たに展示される。

残り:343文字/全文:590文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る