PR
PR

<道内各地の再開発>函館 棒二森屋跡地 ホテルなどに

 JR函館駅前では、2019年に閉店した百貨店「棒二森屋」跡地の再開発計画が進んでいる。地権者らでつくる函館駅前東地区市街地再開発準備組合によると、21階建てのホテル(約240室)と25階建ての分譲マンション(約160戸)、4階建ての商業施設を建設。いずれも26年春までに開業、分譲する予定だ。

 総事業費は190億円で、ホテルは高級志向とする方向。ホテルとマンションは東京の大手2社が手掛け、今年8月ごろにも基本設計がまとまる見通し。

【関連記事】
<道内各地の再開発>
札幌 道都の街並み 刷新の波
旭川 駅から300メートルに建設計画集中
函館 棒二森屋跡地 ホテルなどに
釧路 利便性向上へ駅高架化検討
帯広 秋完成の施設 出店に遅れも
北見 駅周辺や病院 連動して整備

残り:142文字/全文:472文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る