PR
PR

岩見沢美園小出・東野 東京五輪で「金」を 混合、世界ランクも急上昇 バドミントン 

 リオデジャネイロ五輪で、女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組の金メダルにわいたバドミントン界。2人と同じ日本ユニシスに所属する20歳の東野有紗(岩見沢美園小出)も飛躍の兆しを見せる。混合ダブルスで実績を重ね「東京五輪は自分たちが金を取りたい」と高い目標を掲げる。

 海外の一線級が東京に集ったヨネックス・オープン・ジャパン。渡辺勇大(ゆうた)(19)=日本ユニシス=との混合ダブルスで世界ランキング(15日付)67位の東野は21日の1回戦で15位のタイのペアを2―1で破った。

残り:419文字 全文:665文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る