PR
PR

小此木氏、異例のくら替え 横浜市長選 首相側近、IR反対

 自民党の小此木八郎国家公安委員長(56)=衆院神奈川3区=は22日の記者会見で、8月8日告示、同22日投開票の横浜市長選に立候補する意向を表明した。近く閣僚と衆院議員を辞職する。菅義偉首相が推進してきたカジノを中心とする統合型リゾート(IR)の横浜市への誘致反対を掲げる方針で、首相の側近でもある現職閣僚の異例のくら替えが波紋を呼んでいる。

 小此木氏は首相がかつて秘書を務めた小此木彦三郎元建設相の三男。小学生の頃は「(菅氏が)毎朝わが家で朝食を取り、家族同然だった」と振り返る。昨年の自民党総裁選で菅陣営の選挙対策本部長を務めた。

残り:682文字/全文:949文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る