PR
PR

バイデン米大統領の愛犬死ぬ 「心痛む」夫妻で声明

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は19日、ジル夫人と連名で声明を出し、愛犬のジャーマンシェパード「チャンプ」が死んだと発表した。1月の大統領就任に伴い「ファーストドッグ」としてホワイトハウス入りした雄犬2匹のうちの1匹。バイデン夫妻は「心が痛む。この13年間、ずっと大切な仲間だった」と思いをつづった。

 米メディアによると、バイデン氏は副大統領就任直前の2008年12月、幼いチャンプを飼い始めた。最近は加齢により衰弱し、東部デラウェア州にあるバイデン氏の自宅で息を引き取った。夫妻は声明で「喜びの時も悲しみの時も、私たちのそばにいた」と振り返った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る