PR
PR

住宅街でクマに襲われ4人けが 札幌・東区 猟友会が駆除

 18日午前3時半ごろ、札幌市東区北31東19の路上で「クマが歩いている」と通行人から110番があった。道警によると、18日未明から同市東区の市街地でクマの出没が相次ぎ、70代男性と80代女性、40代男性、陸上自衛隊丘珠駐屯地の40代男性自衛官の4人が襲われ搬送されたが、いずれも命に別条はない。クマは体長約2メートルの同じ個体で、同日午前11時15分ごろ、東区の丘珠空港付近で猟友会のハンターが猟銃で駆除した。

 札幌東署などによると、周辺では同日午前10時半までにクマの目撃情報などが約30件相次いだ。

 同5時50分ごろ、最初の目撃場所から約1キロ南下した東区北19東16の市立明園小近くの路上で、ゴミ出しをしていた70代男性と80代女性が相次いで襲われた。男性はひざや腰、女性は背中やひじをひっかかれ軽傷を負った。同7時15分ごろ、東区北33東16の市営地下鉄新道東駅付近の路上で、歩いていた40代男性が背中や手足をひっかかれ、肋骨(ろっこつ)を折るなど重傷を負った。

 その40分後の同7時55分ごろには、1キロ離れた東区丘珠の陸上自衛隊丘珠駐屯地の正門を警備していた男性自衛官が脇腹にけがをした。クマはそのまま同駐屯地に入り、高さ約1・8メートルの柵を乗り越え、同駐屯地の北東約200メートルの茂みに逃げ込んだ。

 道警はヘリコプターでクマを監視し、パトカー数十台で周囲を警戒。道警から依頼を受けた北海道猟友会札幌支部のハンター4人も加わった。道警は警察官職務執行法4条(緊急避難)に基づき駆除を指示。同11時すぎ、茂み付近にいたクマをハンターが撃った。5歳ぐらいの雄とみられる。

 札幌市教委は18日朝、東区、北区の市立学校に対し、登校時間を遅らせるかどうか判断するよう依頼。東区の市立幼稚園や小中学校など42校の登校を見合わせ、既に児童生徒が登校した学校については、屋外に出ないよう求めた。

 国土交通省丘珠空港事務所などによると、同空港では午前8時5分ごろ、管制官が滑走路上にいるクマを発見。離陸準備に入っていた北海道エアシステム(HAC)丘珠発釧路行き2861便(乗客乗員26人)の運航を急きょ休止し、丘珠と釧路、函館、三沢を結ぶ午前中の計8便を欠航した。駆除を受け、午後から運航を再開した。

 現場はいずれも地下鉄東豊線の沿線近くで、住宅や商業施設が立ち並ぶ市街地。最も近い目撃場所でJR札幌駅から約2・5キロ。

【関連記事】
「まさかこんな所に」 札幌にクマ、早朝の住宅街騒然
背中に乗られ「もう終わりだ」 75歳男性、襲われた瞬間を語る 札幌の住宅街にクマ
札幌・北区、当別でクマ出没相次ぐ 茨戸川緑地を閉鎖

PR
ページの先頭へ戻る