PR
PR

髪の色、証明要求8校 共産党道議団 道立高の校則調査

[PR]

 共産党道議団は16日、道立高の校則に関する調査結果を公表した。8校が生来の髪色を申告させる「地毛証明」の提出を生徒に求めていた。性的少数者への配慮から性別に関係なくスラックスやスカートなどの制服を自由に選べる制度を導入する中学高校が全国的に徐々に増える中、調査対象の半数近い85校は自由に選択できず、88校は女子のみ選択可能としていた。同党道議団は近く、道教委に詳しい実態調査を求める。

■85校 制服選択できず

 調査は今年2~3月、道内の全日制道立高全194校のうち、道教委を通じて校則の提出に応じた191校について、人権や多様性、学校外活動などの観点から独自に集計した。

残り:226文字/全文:513文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る