PR
PR

道内8人死亡、88人感染 札幌は56人 新型コロナ

 道などは16日、新型コロナウイルスに感染した8人が死亡し、新たに88人が感染したと発表した。日別の新規感染者数が100人を下回るのは4日連続。このうち札幌市発表分は56人(うち居住地非公表3人)で、4日連続で50人台となった。

 死亡したのは、札幌市居住の80~90代の3人と、道発表の80~90代の3人、小樽市発表の80代と年代非公表の各1人。新規感染者の内訳は札幌市分56人のほか、道分が26人、函館市分が4人、小樽市分が1人、旭川市分が1人。道内の死者は計1327人、感染者は延べ4万721人(実人数4万629人)となった。

 新たなクラスター(感染者集団)は2件。札幌市内の通所介護事業所で利用者ら5人、渡島管内の認可外保育施設で職員5人が感染した。

 既存クラスターは、札幌市が5月25日に公表した医療機関で1人増の124人、石狩管内の介護老人保健施設で1人増の77人などとなった。(山村麻衣子、岩崎あんり)

PR
ページの先頭へ戻る