PR
PR

クマ、餌守ろうと男性襲う? 厚岸の事故、現場近くにシカ死骸

 厚岸町内の国有林で14日に測量作業中の男性(67)がクマに襲われ、大けがを負った事故で、男性はクマ避け用の鈴やスプレーなどを所持していたことが関係者への取材で分かった。現場近くではエゾシカの死骸が見つかり、クマが餌を守ろうと男性を襲った可能性があるという。北海道森林管理局などは作業で入山する際、十分に注意を払うよう呼び掛けている。

 「クマに襲われたのはベテランの作業員で、クマが寄ってこないようできる限りの対策は取っていたはずなのに」。男性と同じ会社の関係者は話した。

残り:568文字/全文:804文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る