PR
PR

<みなぶん>五輪、ワクチン、感染予防に複雑な思い みなぶんアンケート

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が続く北海道。読者と調査報道に取り組む「みなぶん特報班」は6月上旬、無料通信アプリ「LINE」を使って通信員(フォロワー)に、コロナ禍の日々をどのような思いで過ごしているのか尋ねた。このうち、「東京五輪」「ワクチン接種」「感染予防」について多くの意見が寄せられた。(報道センター 門馬羊次)

 アンケートは6月7~10日の4日間行い、191件の回答があった。

■東京五輪


 五輪開幕までもうすぐ1カ月。複雑な思いを抱える人は少なくない。札幌市中央区の看護師の女性は「札幌で行われる五輪マラソンと競歩は、無観客にしても沿道には人が集まると思う。感染拡大が困惑する」とした上で、「本来はワクワクする五輪なのに」と嘆く。

 札幌市豊平区の派遣社員の女性(46)は「五輪マラソンを札幌で開催するのに、道民には移動自粛をお願いするようなことがあったら、それは通用しない」と憤り、札幌市白石区の主婦(49)も「五輪期間中の外出自粛が要請されるのかが気になる」と言う。

■ワクチン接種


 医療従事者や高齢者らを中心に進められているワクチン接種だが、地域によって遅れも指摘されている。渡島管内七飯町の会社役員の男性(68)は「外出自粛などのストレスの中にあって、唯一の希望はワクチン接種。にもかかわらず、接種のスピードがなぜ上がらないのか」と嘆く。

 大規模な接種会場では混乱もあるようだ。札幌市豊平区の主婦(56)は「母に付き添い、ホテルでの集団接種に行ったが、混雑は予想以上で『密』だった。2回目の接種に行くのが憂鬱(ゆううつ)」と打ち明けた。対象者の拡大の方法についても疑問もあった。札幌市手稲区の自営業の男性(51)は「職場接種が始まるが、一番痛い思いをしている飲食事業者を優先するべきではないか」との意見を寄せた。

 情報不足への不安も少なくない。空知管内で農業に従事する女性(51)は「町の診療所で接種がどれほど進んでいるのか、報告がないので心配」。釧路管内の公務員の女性(30)は「副反応が心配。どんな反応があり、どういう人に出やすいかなど詳しく知りたい」と言う。

 札幌市南区の女性(38)は「ワクチンの必要数は足りていて、(誰にも)必ず回って来るのだから、『混乱』よりも、接種の手順などをしっかりと報道してほしい」と要望。札幌市白石区の主婦(64)は「(接種の速さを)市町村に競わせるような雰囲気もあるが、大切なのは安全に接種を終えること」と指摘した。

■感染予防


 コロナ禍が1年以上も続き、感染予防の意識に差を感じさせる投稿もあった。ファミリーレストランで働く札幌市東区の女性(54)は「お客さんの多さに驚いている。マスクを着けずに何時間もおしゃべりをする人もいる」と不安な思いを抱える。千歳市の会社員男性(43)は「街中などでマスクをせず、荒い呼吸で走るランナーがいると困惑する」と投稿した。

 車に消毒液を常備するなど感染対策を徹底してきた苫小牧市の主婦(51)は「人との交流が少なくなり、精神的に落ち込んでいる」と打ち明ける。北見市の主婦(56)も「近所の人に会ってもあいさつをするだけ。寂しい気持ちになりますが、今は我慢。ただ、(感染収束後は)以前の付き合い方に戻れるのか不安に思う」と回答した。

 札幌市北区の会社員男性(55)は「ワクチンを接種した人でもウイルスを媒介する可能性はなくならないと思うので、全国で接種が終わるまでは今の生活を続ける必要がある」と強調した。

 北海道新聞は、読者のリクエストに記者が取材して応える「みんなで探るぶんぶん特報班」(みなぶん)をスタートさせました。

 この手法は「オンデマンド調査報道」(JOD=Journalism On Demand)と呼ばれ、読者と記者が会員制交流サイト(SNS)やメールなどを通じて情報交換しながら取材を進めていく双方向型の新たな調査報道として注目されています。

 読者の皆さんが日々の暮らしの中でキャッチした疑問や声を取材の出発点に、記者と共同作業で謎を解き明かしていきます。

 情報提供や取材依頼のほか、取材をサポートする「みなぶん通信員」への登録をお待ちしています。詳しくは「どうしん電子版」特設サイトをご覧ください。

【関連記事】
コロナ禍の五輪に困惑 「医療逼迫が心配」「心から喜べない」 生活に制約、準備は加速

PR
ページの先頭へ戻る