PR
PR

札幌市の区別新規感染者数(6日~12日)中央区以外感染2桁に 全10区で前週を下回る

 札幌市は14日、6~12日の1週間に公表した新型コロナウイルスの新規感染者数を市内10区別に公表した。10区すべてで前週(5月30日~6月5日)を下回り、中央区を除く全9区で2桁台となった。

 6~12日の新規感染者で、居住区が分かっている人は前週より426人少ない計608人。区別で最多の中央区は前週の187人から118人に減少。北区は140人から67人に、清田区は61人から26人とそれぞれ前週に比べて半分以上減った。

 ピーク時の5月9~15日と比べると、中央区、東区は約4分の1、豊平区、厚別区では3割に減少。ただ、3月28日~4月3日と比較すると、新規感染者数の合計は2・3倍。市は「下がり切ったとは言えない」とする。(中村征太郎)

PR
ページの先頭へ戻る