PR
PR

緊急事態宣言再延長 知事は賛否明らかにせず

[PR]

 鈴木直道知事は11日の記者会見で、20日に期限が迫る新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を延長すべきかどうかについて「首相が判断することで、私が解除や延長を判断する立場にない」と述べ、明言を避けた。

 21日以降の対策についても国と情報共有を進めながら慎重に検討するとし「今日時点で具体的に知らせる段階ではない」と述べた。

 知事は道内の新規感染者数が減少傾向である一方、札幌市内の感染者数が依然高水準であるとして、道民に宣言期間中の対策徹底を呼び掛けた。(藤本卓郎)

PR
ページの先頭へ戻る