PR
PR

イカ今季も不漁か 函館市など主催 専門家ら来遊を予測

 スルメイカの今季の来遊予測について専門家らが説明する講演会(函館国際水産・海洋都市推進機構、函館市主催)が9日、オンライン上で開かれた。イカが北上する日本海側、太平洋側ともに不漁傾向が続くとの見方が示された。

 講演会は、新型コロナの影響で昨年は中止になったが、今年はビデオ会議ツール「チームス」を使用して開催し、市民ら約100人が視聴した。

残り:411文字/全文:582文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る