PR
PR

【道スポ】コンサ・小野 4年ぶり弾!

 北海道コンサドーレ札幌はソニー仙台に5―3で勝利し、3回戦へ駒を進めた。0―1の前半14分にMF小野伸二(41)がFKを直接沈め、自身4年ぶりの得点。FW中島大嘉(19)が初のハットトリックを達成するなど躍動した。1回戦でJ2・秋田を破った北海道十勝スカイアースはJ2・磐田に0-3で敗れた。

 柔らかなボールにGKは全く反応できず。ゴール正面やや右から放たれたキックは、そのままゴール左に吸い込まれた。「ニアサイドに蹴ることも考えたが、距離も近かった。GKも壁を越えることを想定していたと思う。うまく逆をつけた」と小野。思い通りの美技を、淡々と振り返った。

 2017年4月26日ルヴァン杯・大宮戦以来、4年ぶりの得点。前半7分に早々先制点を献上したが、レジェンドのゴールで流れを渡さなかった。JFL相手に3失点は課題が残るものの、MFルーカス、FW中島が得点を重ね、乱打戦を制した。

 百戦錬磨の小野は「自分たちで苦しい展開にしてしまったな、と反省も多い。内容は正直、勝ったこと以外に良かったことはない」と厳しかったが、控え組主体でもJ1の面目を保った札幌。ペトロビッチ監督は「きょうは勝ち上がるという目標を達成できたことが全て」と安堵した。チーム力を底上げしながら、頂へ駒を進める。(石栗賢)<道新スポーツ6月10日掲載>

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る