PR
PR

ミズバショウが見頃 福島・檜枝岐の尾瀬沼

 福島、栃木、群馬、新潟4県にまたがる尾瀬国立公園の尾瀬沼(福島県檜枝岐村)で、木道脇に真っ白なミズバショウが咲き、登山者の目を楽しませている。環境省檜枝岐自然保護官事務所によると、今年は咲き始めが早く、見頃は今月中旬ごろまでという。

 標高1660メートルの尾瀬沼は新緑の季節。9日は青空の下、ほとりに群生するミズバショウが日の光を浴びていた。

 2020年度の尾瀬国立公園の入山者は、新型コロナウイルスの影響で前年度より14万人少ない約11万人だった。

PR
ページの先頭へ戻る