PR
PR

立憲・本多氏の発言を調査 枝野氏「許されない」

[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は9日、刑法の性犯罪規定見直しを議論する党のワーキングチーム(WT)の会合で不適切な発言をした本多平直衆院議員(56)=比例道ブロック=について、党内に設置している「ハラスメント防止対策委員会」で調査すると発表した。

 本多氏は5月の会合で、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言。枝野氏は発言について「信じがたい思い。現実を踏まえないもので許されるものではない。真摯(しんし)に反省すべきだ」と非難した。

残り:85文字/全文:333文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る