PR
PR

奥尻高生対象 ワクチン接種方針に抗議 戸惑う町 全国から電話70件

[PR]

 【奥尻】奥尻高の生徒を対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を行う方針を示している町に、抗議の電話が全国から相次いでいる。「強制的に打たせるな」などの内容で、町は「国の指針に従って、生徒本人と保護者の同意を得た希望者に接種することにしている」と理解を求めている。

 町によると、高校生への接種の方針が明らかになった後、「副反応や副作用があることを知っているのか」など、抗議する電話が町役場にあった。多くは本州からで、1日当たり15件程度、これまでに計約70件の電話があったという。

 ワクチン接種の予約を受け付けている町保健福祉センターにも抗議電話があり、10件以上寄せられた日もあった。中には30分間、話す人もおり、受け付け業務に影響したという。町は「いろいろな意見があるのは分かるが、あくまで希望者に接種する。理解してほしい」と戸惑っている。

残り:95文字/全文:467文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る