PR
PR

保線車両、制動不能で時速80キロに JR函館線、坂下り7キロ走行

[PR]

【七飯、北斗】7日午後11時50分ごろ、渡島管内七飯町のJR函館線大沼駅―仁山駅間を走行していた保線作業用車両(3両編成)のブレーキが利かなくなった。車両は下り坂を約7キロ走り、仁山駅と新函館北斗駅のほか、遮断機が下りていない踏切3カ所を通過して約7分後に停止した。最高時速は約80キロに達したとみられ、乗っていたJR北海道の男性社員3人にけがはなかった。

 同社によると、モーターカー1両と砕石散布用機械2両の計3両で構成しており、87トンの自重で止まったとみられる。砕石散布用機械のブレーキの不具合の可能性があるという。当時は列車の運行時間外で、衝突の危険はなかったという。2カ所の駅のホームは運行時間外で人はいなかった。

残り:60文字/全文:372文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る