PR
PR

お清めできない今だから…手水に花、涼やかに 札幌諏訪神社

 札幌市東区の札幌諏訪神社(北12東1)が境内の手水(ちょうず)鉢に花を浮かべる花手水を行っており、涼やかな雰囲気が参拝者の人気を集めている。

 新型コロナウイルス感染防止対策でひしゃくが使えないため、参拝者に目で癒やしを感じてもらう狙いで、昨年に続いて実施。昨夏は同神社の呼び掛けで、市内と近郊の9神社が「花手水めぐり」を行った。同神社は今年1月下旬から、花を入れた水を凍らせるなどして再開し、7月には再び各神社に連携を呼び掛ける。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:197文字/全文:442文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る