PR
PR

美唄ブラックダイヤモンズ 無観客でも全力プレー 1カ月ぶり公式戦再開 富良野にサヨナラ勝ち

 【美唄】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月中旬から休止していた野球独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」(HBL)の公式戦が5日、約1カ月ぶりに美唄市営球場で無観客で再開した。美唄ブラックダイヤモンズは8―7で富良野にサヨナラ勝ちした。

 公式戦は5月9日以来。美唄は初回に2点を先制するなど一時は4点をリードしたが、追いつかれた。試合が3時間を超えたため、リーグ規定で七回で打ち切りとなり、7―7で迎えた七回1死一塁、児玉祐介選手が右中間を破る適時二塁打を放った。

残り:211文字/全文:448文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る