PR
PR

「北の国から」40周年事業 資料館開設を22日に延期

 【富良野】ドラマ「北の国から」の放映40周年事業実行委員会は、4日に予定していた「北の国から」40周年ミニ資料館の開設を22日まで延期した。ミニ資料館は、新富良野プリンスホテルの手工芸品販売ゾーン「ニングルテラス」にある「チュチュの家」内に開設し、一連の記念事業の皮切りとなる予定だった。このほか、記念事業のテーマは「思い出せ! 五郎の生き方」に決まった。

 富良野市を舞台とするテレビドラマの全国放送が始まったのは1981年10月9日。記念事業実施期間は今月1日~来年10月8日となっている。今月22日は午前10時から、北猛俊市長や実行委メンバーらだけでオープニングセレモニーを行う予定だ。ミニ資料館は、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が今月20日まで延長されたのに伴って開設を延期した。

【関連記事】
「北の国から」節目彩る 富良野放映40周年 10事業予定、俳優参加も
<動画>五郎さん今も胸に 「石の家」献花台にファン
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:226文字/全文:661文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る